アコム審査落ちた【お金借りたい】それでも借りたい人

消費者金融のアコムの審査に落ちたけど、それでもお金借りたい人へ

アコム 審査落ち

  1. アコムのカードローンで審査落ちしたら
  2. アコムのカードローンの審査は厳しい?
  3. 返済不能になってしまったらどうなるの?
  4. アコムで審査落ちしたら次の手を考える
  5. 消費者金融会社のカードローンには総量規制があるけど
 

アコムのカードローンで審査落ちしたら

大手消費者金融会社である、アコムのカードローンに申し込んで、審査落ちしてしまったらどうしたらいいのでしょうか。
お金が必要で、すぐにでも用立てしなくてはいけないときに、審査落ちしてしまうのはつらいものです。
少額でしたら、クレジットカードのキャッシングがいいでしょう。
数万円程度でしたら、アコムなどの消費者金融会社のカードローンを申し込むより、素早くキャッシングできます。

しかし、ここで気にしなくてはいけないのは、
クレジットカードのキャッシングには、金利がかかるということです。
クレジットカードを翌月一括払いで利用している人は、金利があまりピンときていないかもしれません。
クレジットカードのショッピングでの支払いを翌月一括払いにしていると、金利がまったくかからないからです。
ですから、キャッシングについても、翌月一括払いだったら、
金利がかからないと考えている人も、少なくありません。

実際には、クレジットカードのキャッシングでは、翌日から日割りで金利手数料が発生しているのです。
日割りだから、どこまで金利がかかるのか気になる人もいることでしょう。
支払日まで金利手数料がかかるのではなく、締め日まで金利手数料がかかることになります。
キャッシングのタイミングによっては、1ヵ月以上の金利手数料を支払わなければいけなります。
これには十分に注意が必要なのです。

ショッピングは翌月一括払いなら金利手数料がかからないから、キャッシングもそうだろうと思う人は多いのです。
数万円程度でしたら、1ヵ月の金利手数料も、千円前後くらいですからそれほど大きなものではありません。
それでもクレジットカードの金利というのは、かなりの高金利となっているので、
見過ごすことはできないと思う人も少なくないのです。
 

消費者金融会社のカードローンでは無金利期間がある

クレジットカードのキャッシングは、利用した翌日から金利がかかってしまいます。
これはどのクレジットカードのキャッシングでも同様です。
クレジットカードのキャッシングは、クレジットカードを持っていれば、
新しく申し込みをする必要もなく、すぐに利用できるのでとても便利なものです。
ちょっとしたお金の用立てには、誰もが重宝していることでしょう。

しかし、キャッシングを利用するタイミングを間違えると、金利手数料がかなり高くなってしまいます。
締め日や支払日が決まっているのでキャッシングをした時点で、金利手数料もすでに決まっているのですが、
クレジットカードの利用者が、金利手数料の計算を細かく知っているわけではないので、
当然ながら、正確な金利手数料を計算することはできないでしょう。

そのいっぽうで、大手消費者金融会社のカードローンには、金利手数料無利息期間というサービスがあります。
これはキャッシングしてから30日以内の返済なら、金利手数料が一切かからないというサービスです。
これならお金が足りないから、少しでもお金を借りて給料日には支払うけど…というときにも十分利用できます。
なによりも金利手数料がかからないというのが、大きなメリットとなるのです。

消費者金融会社のカードローンは金利が高いと多くの人が思っているようですが、
このような金利手数料が、無料の期間を利用するサービスは、とても重宝するものです。
なので、おおいに活用したいものです。

たいていの場合、お金が必要なときにカードローンを利用する人が多いでしょう。
しかし、お金が必要なくてもカードローンのローンカードを一枚持っておくというのも、
危機管理や、もしものときにとても助かるものです。
 

アコムで審査落ちすることってある?

銀行カードローンの審査は、厳しいということを聞いたことのある人は多いでしょう。
しかし、銀行カードローンの審査が厳しいから、審査に通る人は滅多にいないのでは?
と考える人もいると思いますが、実はそうではありません。

銀行カードローンの審査が厳しいかどうかはともかく、正社員であってある一定の勤続年数があり、
さらには他社借入れがない場合でしたら、銀行カードローンの審査はすんなりと通ることでしょう。
そうなると、銀行カードローンの審査に落ちる人、あるいは審査基準が厳しいと感じている人の多くは、
正社員でない可能性も、否定できないのです。

今では労働者の正社員率というのは、どんどん下がっているようです。
労働者の半分程度は非正規雇用つまり派遣社員、契約社員、パートアルバイトということなのです。
ですから、銀行カードローンの審査が厳しいというのは、
こういった非正規雇用で働いている人たちの声ということも、容易に想像できるのです。

正規雇用か、非正規雇用かというのはとても大事です。
これは、カードローンの契約書などにも書かれていることです。
融資条件に「安定した収入」と書いてあるのです。
安定した収入である正社員とまではかかれていませんが、これはある意味幅を持たせているためです。
安定した収入の契約社員や、パートアルバイトもいるからです。

いずれにしても、これは融資をする銀行などの金融機関や、消費者金融会社などの貸金業者の審査基準です。
取り方や考え方によっても、大きく違ってくる項目であるのは間違いありません。
それでも銀行に関して言えば、安定した収入というのは、
正社員を指している事は、間違いないと考えてもいいでしょう。

それでは、アコムの場合はどうでしょうか。
アコムの場合も正社員については、審査基準が甘いと考えていいでしょう。
かといってパートアルバイトや、契約社員や派遣社員などの非正規雇用は審査基準が厳しいのかというと、
多少の差はあるとは思います。

パートアルバイトでも多くの人が、カードローンの利用実績があることを考えると、
それほど大きな問題にはなっていないとも考えられます。
 

3秒診断を利用してみる

アコムの公式サイトに、3秒診断のページが有ります。
融資できるかどうかを判断するものですが、ここは年齢と年収、さらには他社借入れ状況を入力します。
この3点だけで、判断するということになります。

そうなると大事なのが勤務形態よりも収入であること、
そして、他社借入れがどのくらいあるのかが、判定基準になるということです。
パートアルバイトで、年収が400万円にも500万円にもなることはないでしょう。
ですから、年収というのはかなり重要なものだということがわかります。

また、他社借入れがあるのかないのかというのもかなり重要になってくるのです。
5社以上から借り入れがある場合は、立派な多重債務者ということになります。
そのような人に新しく融資をしても、確実に返済してくれるのかどうかということになってくるので、
融資をする側であるアコムとしては、そのあたりが重要なポイントとなります。
大雑把な診断となりますが、年収と同じくらい大事なのが他社借入れということがよくわかります。

ここで気をつけたいのは、ページにも書いてあるのですが、銀行借り入れの金額は除くということです。
これは総量規制などの問題もあることと、住宅ローンの借り入れ金額も省くという意味で間違いありません。
実際には、正式な申込み書の情報で、信用情報機関に信用の照会を行います。
そこでは、他社借入れの有無だけではなく債務状況の詳細を知ることができるので、
申込み書に虚偽の申告などがあれば、それも照会情報でわかるようになっているのです。
ですから虚偽の申告などがあれば、その時点で審査落ちになるということに注意が必要です。

自分で自分の債務状況がわからなかったという人もいるかもしれませんが、
それはそれで債務に対して鈍感ということで、そのような人に融資はできないということになるのです。
 
▲メニューに戻る
 

アコムのカードローンの審査は厳しい?

アコムは、大手消費者金融会社の中でも老舗の部類に入ります。バブルの時代以前からその名前が全国的に知れ渡っていましたから、それが現在も続く知名度となっているのは間違いありません。
現在ではアイフルやプロミスと並んで、3大消費者金融会社として君臨しているのです。

消費者金融会社のカードローンなどの融資の審査基準では、アコムなどの大手消費者金融会社のカードローンは厳しいと考えていいでしょう。

俗にブラックと呼ばれている金融事故を起こした人は、アコムのカードローンの審査に通ることはできません。
申込者の中にアコムに申し込んだら、カードローンは無条件に利用できると考えている人もいるかもしれません。
しかし、そういうことは一切ないのです。
銀行カードローンよりも、消費者金融会社のカードローンの審査は厳しくないのは間違いないのですが、
それでも消費者金融会社の中では、アコムの審査基準は厳しいと考えていいでしょう。

とはいっても、普通にパートアルバイトをしている人でも融資対象です。
学生や専業主婦でも融資対象ということですから、心強い限りです。
融資対象にしていても、実際に借りるのは難しいのでは?という意見もあるでしょう。
学生や専業主婦ということは無職と考えてもいいからです。
学生で、バイトをしている人は多いとは思います。
安定した収入といった面では、疑問符が付くのは当然のことです。

もっとも、学生や専業主婦の場合は、その人本人の収入ではなく世帯収入で融資を判断することが多いのです。
専業主婦の「専業」というのがポイントで、この言葉が付いているからこそ配偶者がいて、
配偶者がいるからこそ、専業主婦ができているという考え方になるのです。
単に主婦であったり、兼業主婦ということになると、配偶者がいるのかどうか。
このような判断が、つきかねる場合があるのです。
ですから、専業主婦の場合は、世帯主の収入や属性が考慮されるので、
消費者金融会社のカードローンが借りやすいということになるのです。

これは学生についても同様のことが言えます。
カードローンの融資を決める審査について、重要なのは属性です。
勤務形態で言えばパートアルバイトよりも、正社員のほうが安定した収入があります。
当然こちらのほうが、属性は良いということになります。

また、持ち家か借家かでも、属性は違ってきます。様々な項目で属性が決まってくるのです。
住まいなどは一朝一夕には決まりませんし、収入や勤務形態もすぐには属性を上げることはできません。
ですから、カードローンをいつでも利用できるように、
日頃から属性を上げるための、努力をしたほうがいいのは間違いありません。
パートアルバイトでしたら、正社員に就く道を考えるなりを、常日頃から意識しておくといいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 

返済不能になってしまったらどうなるの?

大手消費者金融会社は、信用情報機関に加盟しています。
信用情報機関はクレジットカードの保有者を含めて、お金の貸し借りのある人の情報を管理しているところです。
ですから、逆に考えればお金の貸し借りが一切ないという人は、信用情報機関には何の情報も一切ないということになるのです。

これはこれで何もないのですから、融資を受ける際に、審査基準が厳しくなる場合があるということです。

実際にお金を融資した場合に、
お金を返済したという履歴もないのですから、
属性が良くてもそういった実績がないのも、融資をする側からすると不安になるからです。
ですから、ある程度昔からお金を借りて、それについて支払いを全て終わらせているというカードローン利用者は、
何も借金がないという人よりも属性が良くなっているのです。

また、借金のしすぎで返済不能に陥ってしまっている人は、信用情報機関に事故情報が載っています。
この場合、大手消費者金融会社では、カードローンの審査に通すことはまずありません。
事故情報が載っているということは、具体的には滞納が重なって、返済不能となっているのです。
返済しない場合、消費者金融会社は確実に裁判所に調停を起こします。
そうなると利用者側に、裁判所から出頭命令が来ますし、弁護士からも連絡がくるでしょう。
債権保証会社からも連絡がくることもあります。

債権保証会社から連絡があった場合は、融資されて返済不能になったお金を回収する機関が、
カードローン会社から、その債権保証会社に移ったということです。
その場合の交渉先は消費者金融会社ではなく、債権保証会社となるのです。
この場合、債権保証会社がその名前の通り、大元の債権会社である消費者金融会社にお金の保証をして、
債権を買取ってそれ以降は、この債権保証会社が消費者金融会社に代わって、
返済不能になったお金の回収にあたるのです。

利用者側としては、キャッシングしたお金が返済不能になったわけですから、
借りたお金は何らかの形で、返済しなくてはいけません。
たいていの場合、利用限度額一杯まで借りていて返済不能になっている場合が多く、
100万円が利用限度額なら、そのお金がそのまま返済不能となっていることでしょう。

債権の回収をする場合は、銀行などの金融機関さらには、
消費者金融会社などの貸金業者が、そのまま融資金額の回収にあたることはありません。
たいていは第三者である債権保証会社(債権回収会社)があたることになっているのです。
まずは債務整理(任意整理)ということになります。この場合は、借りたお金は返済していくということです。
最初の選択肢としては、まずは債務整理です。
この過程の中でやはり返済できないということになれば、自己破産という選択肢も出てくるわけです。
 
▲メニューに戻る
 

アコムで審査落ちしたら次の手を考える

アコムのカードローン申し込みをしても、審査に落ちた場合はどうしたらいいのでしょうか。

審査に落ちたということは、
自分自身に問題があったということです。
属性が悪かったということになるのですが、それ自体を利用者本人が自覚していないことが多いのです。
特に正社員で安定した収入があれば、審査に落ちた理由が分からないという人も少なくないはずです。

しかし、正社員で安定した収入があるから、
審査に通るというわけはありません。
属性を構成する項目は数多く、勤務形態などは、その属性を構成する項目の一つにしか過ぎないのです。
審査に落ちた場合、すぐに次のカードローンに申し込みをしてみましょう。
信用情報機関にはカードローンの申し込みをしたけども、審査に落ちたという情報も共有されます。
審査に落ちたという情報を他のカードローン会社も知ることになりますから、
審査に落ちた人からカードローンの申し込みがあったとしたら、
おそらく似たような審査になっているのは間違いないのです。
その審査に落ちたという情報だけで、そのカードローン会社も審査に落とすことがよくあるのです。

ですから、審査に落ちたという情報が信用情報機関に記録される時間に、タイムラグがあるので、
すぐに、次の消費者金融会社のカードローンに融資の申込みをすると、
審査に落ちたという情報がまだ記録されておらず、審査落ちの情報が審査対象にならないので、
多少でも、審査に通る可能性がアップするのです。

大手消費者金融会社の融資が断られると、次は小規模な消費者金融会社に申し込む。
アコムは消費者金融会社の中でも、最大手の消費者金融会社です。
金利も銀行カードローン並に低く設定されているので、消費者金融会社に融資の申込みをするなら、
まずはアコムが、最初の選択肢になるのは間違いないでしょう。

それでも、金利の低さというのは審査の通りやすさとは相反しているのです。
金利が低いということは審査基準が厳しくなってくるのです。
ですので、恐らく他の大手消費者金融会社である、
アイフルやプロミスといった、大手消費者金融会社の同業他社でも、
審査に通る可能性は、低いと考えたほうがいいでしょう。
金融事故情報などが、個人信用情報機関に記録されているのでしたらなおさらです。

消費者金融系カードローンは、アコムなどの大手消費者金融会社だけではありません。
中小消費者金融会社もあれば、さらに小規模な消費者金融会社で街金と呼ばれているところもあります。
中小消費者金融会社や街金などは、審査がかなり甘くなっているので、
アコムなどの、消費者金融会社のカードローンの審査に通らなくなっている人でしたら、
中小消費者金融会社や街金を頼るのが、もっとも最善の策と言ってもいいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 

消費者金融会社のカードローンには総量規制があるけど

消費者金融会社のカードローンには、総量規制という、融資規制があります。これは、年収の3分の1までしか融資をしてはいけないという規制です。
もっとも、これは消費者金融会社のカードローンにだけが対象となる規制です。

ですから、銀行の住宅ローンなどは対象外ですし、銀行からの借り入れ全てが総量規制の対象外となるのです。
なので、300万円の年収という人がいたら、消費者金融会社からの借り入れは、トータルで100万円ということになります。

他社借り入れは、申込者の信用情報からでもわかるようになっています。
電話連絡するのは在籍確認で、他社借入れの総額というのは、
信用情報機関に照会するだけで、わかるようになっているのです。
申込情報というのは、個人情報の宝庫ですから、全てが審査対象となります。
消費者金融会社の場合は担当者制をとっていることが多いので、
審査に不安のある人は、申込みをする前に、消費者金融会社の担当者に相談するのもいいかもしれません。
消費者金融業者もたくさんありますから、アコムで審査落ちしたとしても、
他の消費者金融業者の審査に通る可能性は高いです。

中にはブラックで金融事故を起こしている人に、融資するという消費者金融会社もあります。
ブラックになっている人に融資はできないという法律はないので、
このあたりは、消費者金融会社独自の審査基準によるということです。
返済能力自体は自己破産している人のほうが、借金がなくなっているので高い可能性があるのです。

ブラックの人に融資をしないというのは、ある意味社会的制裁が強いのでそれが業界標準となっているのです。
もともと、そういった業界標準にあてはまらない、街金などでは信用情報機関に加盟していないところも多く、
ブラックであっても現在返済能力があると認められたら、
審査落ちはせずに、融資を受けることが可能というわけですね。

しかし、総量規制は法律ですから、消費者金融会社から借りすぎて、
すでに総量規制一杯になっているということでしたら、カードローンの審査には取らないでしょう。
しかし、ここにも奥の手があって、おまとめローンを利用するのです。
審査落ちするという人の多くは、個人情報の属性というよりも他社債務が多く、
滞納も、頻繁に行っているという人が多いです。
多重債務の場合は、まずはおまとめローンで一括返済する、そして借金を一本化するということが望ましいです。
債務整理をせずに、自力で返済していくという方法では、最善の策がおまとめローンといえます。

総量規制は?という声が聞こえてきそうですが、おまとめローンは総量規制対象外なのです。
審査落ちが続いているのでしたら、自分の債務状況が悪くなっていることが多いです。
ここで、まずはおまとめローンを活用するということを検討してみるといいでしょう。
 
▲メニューに戻る